フローリングのリフォームについて

2019.12.5 更新

フローリングのリフォームに関する基礎知識

フローリングのリフォームをする際におさえておきたいポイントをご紹介します。
ご相談をよくいただくのが、費用相場とフローリングの種類に関することです。

費用相場

フローリングのリフォームを行う場合、現状が畳なのか、カーペットなのか、フローリングなのかなどによって費用が異なります。相場についてみてみると、およそ6畳(10㎡)のお部屋の場合(解体・処分費を含めると)、フローリングやカーペットからフローリングに張り替える場合は15万円程度、畳から張り替えの場合は20万円程度となっています。

どのような工法でリフォームを行うのかや部屋の広さによってもかかる金額は変わってくるので、あくまで相場としておさえておきましょう。

フローリング材の種類を知る

一口にフローリング材といっても、大きく分けると合板フローリング材(表面がシート又は銘木材)と無垢フローリング材があります。合板フローリング材は、安定した寸法精度で床暖対応、ワックスフリー、耐キャスター等、機能性が高く安価なのが魅力。
一方で無垢フローリング材は高価ではありますがオシャレなものが多く、木のぬくもりを感じることができます。
中でも節がない無垢材は高級なので、総合的にかかる費用についても必ず確認しておきましょう。

またマンションなど集合住宅においては、フローリングは遮音性能が必要になりますので、事前に確認しておきましょう。

フローリングのリフォームには、「張替工法」や既設フロアーに重ねて張る「カバー工法」など複数の工法にフローリング素材なども複数種あり、それぞれにメリット・デメリットがありますので、事前に自分にあった方法や素材を吟味してから依頼をするようにしましょう。

ページの先頭へ

© AISIN DEVELOPMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.