安心R住宅制度とリフォーム

2020.2.6 更新

安心R住宅

リフォームでおさえておきたい安心R住宅とは

安心R住宅とは国土交通省の告示による制度のことで、特定の条件を満たした住宅が安心R住宅として認められます。

制度の概要

この制度は中古販売物件に対する「不安」「汚い」「わからない」といったマイナスのイメージを払拭するために開始されました。きちんと十分な整備をし「住みたい」「買いたい」と思えるような住宅を増やすための取り組みともいえます。

住宅を検討する際、新築物件だけでなく中古住宅を購入してリフォームをしようと考える方も増えてきています。中古物件を選ぼうとした時には安心R住宅を選んでみてはどうでしょうか。

一定の条件を満たしている場合、既存住宅の広告に国が定めたマークが付けられるのでわかりやすいです。

安心R住宅の特徴

安心R住宅の場合、これまでにどのような点検、修繕を行ったのか、保証や省エネ性能はどうなっているのかなど、非常に細かい点までわかります。また耐震性があることが証明されていますし、建物状況調査等も行われているので十分な情報を手に入れた上で購入について検討できるのがメリットです。

こちらは任意の制度なので、安心R住宅マークがついていないものが危険なわけではありませんが、安心して中古住宅を検討したい方はぜひチェックしてみましょう。

「安心R住宅」制度とは? (一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会)

ページの先頭へ

© AISIN DEVELOPMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.