ホルムアルデヒドの影響について

2020.2.13 更新

ホルムアルデヒドが人体に与える悪影響

ホルムアルデヒドは体によくないものだと理解はしているものの、どのような影響があるかわからない方も多いはず。基本としておさえておきたいことと悪影響についてご紹介します。

ホルムアルデヒドに注意しなければならない場面

ホルムアルデヒドは、家や家具などを作るのに必要な建築資材の接着剤に含まれていることが多い有害成分です。近年は各メーカーでもシックハウス対策が義務化され、できるだけ最小限の材料を使いホルムアルデヒド対策を取っていますが、人体に対する影響が出てしまう可能性があります。

人体への影響

どの程度の濃度なのかによって影響が変わってきます。濃度が濃くなると徐々にニオイを感じるようになり、さらに濃度が高くなれば気管や目に刺激を感じるほか、不快感、呼吸困難などを引き起こすことがあるので注意しなければなりません。特に粘膜に対する刺激が強いため、目や鼻などに刺激を感じやすいです。

どの程度の濃度なのかによって影響が変わってきます。濃度が濃くなると徐々にニオイを感じるようになり、さらに濃度が高くなれば気管や目に刺激を感じるほか、不快感、呼吸困難などを引き起こすことがあるので注意しなければなりません。

また低ホルムアルデヒド建築資材を使用する業者にリフォームを依頼することなども考えてみましょう。

ページの先頭へ

© AISIN DEVELOPMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.