台風被害・屋根修繕に火災保険

2020.2.20 更新

台風被害・屋根修繕に火災保険は使える?

火災保険は住宅で火災が発生してしまった時に使うものというイメージが強いですが、実は台風被害でも活用できます。

火災保険の種類について理解する

一口に火災保険といっても一般的な火災保険である「住宅火災保険」、さらに保証がプラスされる「住宅総合保険」、住宅総合保険よりも手厚い「オールリスクタイプ」の3種類があります。どの保険に加入しているかによって補償内容は変わりますが、いずれの場合も火災による火の被害だけでなく、台風などの「風」によって被害が出た場合の風災被害も対象になるのです。

そのため台風被害で屋根修繕が必要になった場合や家屋に被害が発生した時は、火災保険の利用を検討してみましょう。

火災保険の対象となる台風被害・屋根修繕

基本的に対象となるのは、20万円以上を超える修繕等が必要になった場合が多いです。

中には虚偽の申請を勧めてくる業者もいますが専門的な調査が行われるので「本当は経年劣化が原因だけど台風のせいにしてしまおう」というのは通りません。

下手をすると保険金詐欺に当たる可能性があるので騙されないようにしましょう。

中には虚偽の申請を勧めてくる業者もいますが専門的な調査が行われるので「本当は経年劣化が原因だけど台風のせいにしてしまおう」というのは通りません。

下手をすると保険金詐欺に当たる可能性があるので騙されないようにしましょう。

火災保険に加入されている方は、保険内容の確認をしてみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ

© AISIN DEVELOPMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.