住みながらリフォームする時の注意点

2020.3.5 更新

住みながらリフォームする際に気をつけたいこと

住みながらでもリフォームは可能ですが、注意点があるのでチェックしておきましょう。

リフォームできる範囲

リフォームする際にはどうしてもホコリが発生してしまうので、例えば普段通りの生活をしながらリビングのリフォームをしてもらったりするのはなかなか大変です。居室などの内装やフローリングに関するリフォームは容易に可能です。リフォームする内容や部屋により不便さが変わってきます。よく相談しておきましょう。

全体的にリフォームを始めるのではなく一部屋ずつ、または一か所ずつ施工することにより、住みながらでもリフォーム可能になります。

注意しておかなければならないこと

リフォームの内容によっては水道が使えなくなるタイミングがあります。そのためどのようなスケジュールで工事が行われるのか、よく確認しておかなければなりません。

もし長時間トイレが使えなくなるのなら、例えば仮設トイレを設置してもらえないか相談する必要も出てきます。

頻繁に職人さんの出入りがあることも理解しておかなければなりません。プライバシーの確保も難しくなります。

他にもホコリや騒音が発生する中での生活になることは、十分に理解しておきたいですね。

住みながらでもリフォームは可能ですが、不便に思う事も多いので、仮住まいなども検討していくのも一つです。不安な場合はリフォーム会社に相談してみましょう。

ページの先頭へ

© AISIN DEVELOPMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.