スマートハウスのメリットとデメリット

2020.3.12 更新

スマートハウスとは?

スマートハウスとは一般的に太陽光発電や蓄電池などを装備することで省エネや蓄エネ、創エネによってエネルギーを賢く利用できる住宅のことを指します。次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

省エネ性能をうまく活用した住まいになるので、電気料金を大幅に抑えることができます。

また太陽光発電などで電力が余れば、それは電力会社に売却することもできますし、発電量が多ければ電力会社から購入する金額よりも売却する金額のほうが大きくなることもあるのです。

太陽光発電に家庭用蓄電池を合わせて設置した場合には余った電力を貯めておくことができるため、夜間に使用する電気の購入を抑えることができたり、非常時に使えるエネルギーがあるのは大きな魅力だといえるでしょう。

デメリット

太陽光発電をするためにはソーラーパネルを購入しなければならないのですが、設置費用が高くついてしまいます。定期的なメンテナンスが必要な場合もあり、発電機器の寿命についても考えなければなりません。

場合によっては初期投資費用を回収する前に交換が必要になるケースもあります。

災害時に備えたいのなら住宅用蓄電池も必要になるので、初期コストの問題についてはよく考えておかなければなりません。補助金などもうまく活用していきましょう。

ページの先頭へ

© AISIN DEVELOPMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.