スキップフロアを上手く使ったリフォーム

2020年7月23日 更新

スキップフロアを活用したリフォーム

同じ空間の中で階段など利用して少し段差をつけ、床の高さを変えた場所を「スキップフロア」と呼びます。このスキップフロアを活用したリフォームについてご紹介しましょう。

空間の雰囲気を変える

リフォームでスキップフロアを取り入れることにより、部屋の中の雰囲気が少し変わります。段差を設けることによって間仕切り壁を利用することなく、全体的なイメージを変えられるのが魅力です。

リビングの高さを変更する

例えば、スキップフロアでリビングを高くして、その分、キッチン・ダイニングを低くするリフォームも人気があります。このリフォームでは、リビングのソファなどに座った人とダイニングで椅子に座った人の目線が合うような高さに調整することもできるので、生活空間の違う家族も目線を合わせやすくなるでしょう。また、反対にリビングを低くしてダイニング・キッチンの床を高くすれば、生活感を感じさせるものが多くなりがちなキッチン周りがリビングから見えにくくなるメリットがあります。

縦の空間を利用する

一般的な間取りは横の空間を活用しますが、スキップフロアを導入することにより縦の空間をうまく活用できるようになります。

壁などで仕切らないため連続性のある空間が生まれるので、廊下を設置する必要もなく、その分あまったスペースを収納などにあてることも可能です。

ページの先頭へ

© AISIN DEVELOPMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.