リフォームに使える補助金

2019.9.26 更新

補助金を使って賢くリフォーム

選択できる補助金としては次のようなものがあります。

  • バリアフリーリフォーム(介護保険等)の補助金
  • 省エネリフォームの補助金
  • その他の補助金(長期優良住宅化リフォーム、耐震改修補助金)

バリアフリーリフォームの補助金

要支援、または要介護と認定された人が住む住宅ではバリアフリーにする際のリフォームで補助金が受け取れます。

介護保険は、金額は最大で18万円まで。各自治体で用意されているバリアフリーリフォーム(介護保険住宅改修費)の制度もあるのでHP等で確認してみましょう。

省エネリフォームの補助金

省エネに繋がるようなリフォームを行った場合に補助金が受け取れます。

代表的なのは、太陽光発電システムの設置に関する補助金です。他にも省エネに繋がる給湯機器の設置など、自治体によって認められるものや条件は異なります。また、年度で予算枠が決められている場合が多くリフォーム時期により間に合わない場合があるので、条件などについてよく確認しておきましょう。

その他の補助金

長期優良住宅化リフォームや耐震改修補助金等の国が支援する事業に対しての補助金制度や、自治体が定める一般的なリフォームでも補助金の対象となる場合があります。

また、助成される金額はそれほど大きくありませんが、組み合わせて使えるものもあります、事前に自治体等のHPで適用条件をよく確認しておきましょう。

ページの先頭へ

© AISIN DEVELOPMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.