システムキッチンのメーカー別特徴

2019.10.31 更新

人気システムキッチンのメーカーをご紹介

システムキッチンのメーカーの特徴について解説しましょう。

クリナップ

主力商品はステンレスキャビネットキッチンで販売実績もNo.1です。ステンレスの特性を活かした一体成型のシンクは、排水口との継ぎ目がないためお掃除が楽、拭くだけでキレイになることもあり、手軽に掃除したい方にぴったりです。木製のキッチンのシリーズもラインナップしています。

タカラスタンダード

耐久性に優れる表面がガラス質のホーローキッチンの人気が高く、多くの商品をラインナップしています。ホーロー素材は、腐食に強く油性ペンで書いた汚れも落とせるほど掃除も楽にできるのも特徴ですが、磁石が張り付く性質があり、キッチン周りで重宝するマグネット製品が活用できるのも魅力の一つです。機能面に優れていますが価格はリーズナブルです。

トクラス

デザインにこだわりたいという方から選ばれることが多いメーカーで、特に国産初の「人造大理石カウンターキッチン」が主力製品で、人造大理石カウンターキッチンを製造して40年の歴史あるメーカーでもあります。隙間や段差のないカウンターとシンクも特徴です。

TOTO

デザイン性はもちろんのこと、最新機能にもこだわったシステムキッチンを開発しているメーカーです。すべり台シンクなど使い勝手に拘った機能性の高い商品開発を重視されており、使い勝手を重要視されるお客様に支持されているメーカーです。

ウッドワン

無垢材を多く取り扱っているメーカーです。そのためキッチンの雰囲気が柔らかくなり、ナチュラルなキッチンにしたいという方も納得できるでしょう。

Panasonic

キッチン家電と連携して使えるシステムキッチンを取り扱っています。家電メーカーらしく対面で使用できるIHコンロを開発するなど、デザイン性も高く、機能性にも優れているのが魅力。掃除も簡単です。

トーヨーキッチン

トーヨーキッチンと言えば、尖ったデザイン性が特徴です。スタイリッシュなキッチンがもっとも分かりやすい特徴ですが、機能面でもキッチンを床から浮かせる脚(エアフロー構造)により、掃除がしやすい利点があったり、「3Dシンク」では、シンクを上面、中面、底面ぞれぞれに専用プレートを自由に組み合わせることで、下ごしらえからまな板調理、盛り付けに至るまでシンクスペースをムダなく快適に利用することができます。

リクシル

建築資材・住宅設備機器業界最大手のリクシルは、総合力の高い商品作りが魅力です。もともと陶器と縁深い会社ということもあり、「セラミックトップキッチン」が主力商品です。セラミックの特徴は「熱、キズ、汚れに強い」とあって、耐久性が高く長くきれいなキッチンを維持できることが魅力です。

メーカー以外でも、オリジナルキッチンが可能なオーダーキッチンもあります。お気に入りのキッチンを探してみてくださいね。

ページの先頭へ

© AISIN DEVELOPMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.